横浜食糧の特長

横浜食糧サービスカード

スタンプカードを差し上げています。 お米50kgで下記の商品いずれか1点 をプレゼント致します。
 ・南アルプス天然水(2リットル)  ・キッコーマン醤油(1L)  ・ティッシュペーパー(5箱入)

横浜食糧の特長

1)卸価格で販売

当社では、10㎏1本でも100本でも、お店に来店して頂ければ卸価格で販売いたします。卸価格とはスーパー、生協、百貨店等が仕入れる価格です。
ですからお店に来店して頂ければ全ての消費者が、小売店の仕入れ価格で購入できます。

2)主要3種類で販売

当社のアイテムは、どのお米屋さん、スーパーより少ないです。
なぜアイテムが少ないか?
1.大量仕入、大量販売
日本中、米の産地は多くあります。その中からここぞと決めた産地で大量の米を契約します。大量に契約すると仕入れ価格は非常に安くなります。その分を安くして販売しています。
2.お客様に新鮮で間違いのない商品を販売
お客様の中には「なぜ、秋田小町やひとめぼれを販売しないの?」という質問があります。しかし、ここで良く考えて下さい。たとえば、秋田産あきたこまち、宮城産ひとめぼれ、栃木産コシヒカリの3種類を販売したとします。すべて同じ価格で販売するとお客様はきっとお店の人に言うと思います。「この3種類のお値段は同じなのでどれが一番おいしいの?」 店の人
「良く分かりません。」ではお客様に怒られます。
店の人
「この中で一番評判が良いのは、栃木産コシヒカリです。」と答えます。
お客様
「じゃあ、一番おいしい栃木産コシヒカリを下さい。」
ですから、多くの品種より同じ価格ならより良いものを、当社が選んでいるのです。

3)1年間同じ価格で販売、その1

お客様はご家庭のお米がなくなるまで、お米のことは気にかけません。なくなって買いに来る日が特売日だと一番良いのです。ですから毎日が特売日になっています。

4)1年間同じ価格で販売、その2

米の精米、配達、販売すべて人件費がかかります。毎日の販売数量に変化があると、お店は多い日のために人数を揃えます。当社では毎日の量を一定にすることで、最小人数で運営しています。人件費が安くすむ分安く販売できるのです。

5)隠れた産地の発掘で安くて美味しいお米を仕入れます

・福島産コシヒカリ(会津地区)は新潟産魚沼地域の隣に位置しています。食味は魚沼産と変わりません。しかし、市場原理により価格は安いです。
・栃木県は福島県の隣に位置しています。数十年前より、レストランやお寿司屋さんなど業務用関係では人気の米でしたが、東京、神奈川での一般の流通がほとんどなかったので、なじみがありませんでした。
・ゴールドブレンド
当社では多くの業務用のかたに使用されています。ゴールドブレンドが味と価格の最もあった米との評判を得ています。また、仕入れた玄米は当社の食味鑑定士により合格した米だけを使用しています。
※詳しくは取扱い商品をご覧下さい。

ページトップへ